シホ*ブログ

フリーアナウンサー井内志保のblogです*
<< February 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

絵に描いたようなダメ妊婦

最近入ってきた妊婦さん。凄いです。

パートの仕事が忙しく、12週から28週までずっと検診を受けず、
出血しても病院に行かなかった。
今回の入院についても勝手に1日ずらしたり、
病院からの電話を一方的に切ったりしたらしい。

妊娠中も毎晩お酒をのんで妊娠中毒症。
産後の栄養相談にも呼ばれて行ってた(早っ!)。
入院中5キロ減量するように言われ、
低カロリー食&間食禁止なのに、ジュースを飲んでる。
お昼ご飯のボリューム満点うどんは、
スープまでしっかり飲んでバナナもぺろり。

超音波検査も「何をされるの?痛そう」と怖がるほど、
精神的に弱い(本人談)から、個室希望するも
特別料金かかるのを知って断念。
陣痛が怖いからと帝王切開を希望(切ったほうが後は痛いのに)。
日曜は病室のテレビで旦那さんと競馬観戦。

あまりに凄すぎて、みんなあんぐりしとります。
深夜の脱走か、入院費未払いか、
赤ちゃん放置をしそうな勢いで目が離せません。
comments (7) : trackbacks (0) : Edit

一ヶ月

雪













1月8日に緊急入院したので、ちょうど1ヶ月が経ちました。
おとなしくしてようと寝て過ごすことが増えたせいか、
足の筋力がすっかり衰えています。ヤバい!
その代わり、読書スピードはあがってます。

入院して出会った妊婦さんは10人以上。
同じように切迫早産の人、妊娠中毒症の人、
もっと週数が早いため切迫流産の人、
私と同じ予定日で赤ちゃんが小さすぎる人。
そのなかに、ほぼ同じ時期に入院してきた、
切迫流産の妊婦さんがいました。

彼女は二人目のお子さんを妊娠していて、
急な入院で上の子と引き離されたこと、
どうなるのか分からないことが不安で、
毎日泣いていました。

日に日に状態は悪くなっていたようで、
ベッド安静を言い渡され(歯磨きもベッドの上)、
やがて産科病棟へ移動しました。
(産科病棟が満床だった、私は婦人科病棟に間借り中です)

開いてきている子宮口を縛る手術が出来れば退院出来たのですが、
炎症値が下がらないことと、週数が増えて赤ちゃんも大きくなってきたため、
結局手術は出来ず、正産期まで安静に過ごすしかない状態。
この病院は病棟内に12歳以下の子供は入れないので、
彼女は半年近く我が子に会えないことになります。
部屋が別々になったので会話は出来ませんが、
自分自身に言い聞かせるような励ましのメールをくれました。

そんなある日。
元気かな?と、ふとメールを送ったら、思いもよらない返事。
緊急帝王切開で赤ちゃんを産んだ、と。
600gちょっとの赤ちゃんはNICUに入ったものの、
元気に手足を動かし、おっぱいも飲んでいたそうです。
その話は、驚きとともに、私たちに希望をくれました。
ちっさくても、早く産まれても、ちゃんと生きられるんだ、と。
(余談ですが、未熟児のお母さんは、未熟児用のおっぱいが出るんだそうです。
自然にそうなるなんて凄い!)

彼女は「淋しいから」と個室から、最初にいたこの部屋に戻ってきて、
退院までの生活を一緒に過ごしました。

雪景色に包まれた日、彼女は無事退院の日を迎え、
「赤ちゃんは半年くらいNICUにいるから、
毎日おっぱい届けにくるし、また顔出すね」と言って、
笑顔で帰っていきました。

その後、彼女が病室に顔を出すことはありませんでした。
上のお子さんも小さいし、忙しいんだろうなと思っていたのですが、
きのう彼女から届いた一通のメール。

退院した日の夜、赤ちゃんは亡くなったそうです。
両親に見守られながら、彼女の腕のなかで、
子守歌を聴きながら眠りにつき息を引き取ったそうです。
9日間の短い短い命でした。

悲しい話を書いてしまったけど、
同室だった人で2ケ月半の入院生活を乗り越え、
退院予定日に陣痛がきて、そのまま無事に出産、
すくすく成長している赤ちゃんもいます。

1ヶ月経って思うこと。
自分は安産だ、なんてタカをくくっていたけど、
普通に妊娠して、何事もなく出産出来るって、
凄いことなんだ。
入院生活は、点滴が痛いし不便だし、
寝てばっかりで背中は痛いし、
私は間食も出来ないからしんどいけど、
普通の妊婦生活では味わえない命の大切さ、
母の偉大さを感じることが出来ます。
3月中旬まで出来ることは安静にしていることだけだけど、
静かに、無事に産まれてくるよう無理せず過ごします。

旦那さんやたくさんの友人が会いに来てくれます。
とても有難い。
人に恵まれているなぁとつくづく実感します。
皆ありがとう。
comments (3) : trackbacks (0) : Edit

ご無沙汰しています!

ブログをご覧いただいている皆様、お久しぶりです。
なかなか更新出来なくて、ごめんなさい。
というのも、実は私、1月8日から入院生活を
送っているのです。(この書き込みは、旦那さんにお願いしています)
約1ヶ月の出来事を、少し、ご報告しますね。

年が明けて最初の妊婦検診で、胎児が大きい&
羊水量が多めと言われ、大学病院で検査をしてもらうことに
なりました。
検査に訪れたその日に、内診で”切迫早産”と診断され、
そのまま緊急入院。・・・今に至っております。

全く自覚症状がなく、寝耳に水だったのですが、
ようやく病院での安静生活にも慣れてきました。
相変わらず羊水量も多いし、胎児も大きいのですが(29w現在で1553g!)、
異常ではないようで、ホッとしています^^

ブログが更新されていないことを不思議に思った
柴田ディレクターが電話を下さり、事情を説明すると、
「出産記録という形で、のってけホームページからリンクを
残しておくから、更新してよ!」と、ありがたいお言葉。
予定では、3月中旬まで入院生活を送ります。
旦那さんにも協力してもらい(パソコンがないと、
更新できないんです・・・)、出来る限り更新していきますね。
comments (1082) : trackbacks (0) : Edit
1/1